先日書いたセルフケアのはなしの続き。   入浴のはなしまで書いたんだけど、入浴時の入浴剤も色々あっておすすめを2つ紹介。   ひとつはどこでも入手しやすい きき湯ファインヒート。(400グラム) きき湯の4倍と書いてありますが、炭酸濃度が高い商品ですね。   中身は粉ではなく、タブレット状になっており、浴槽のお湯の量で調整します。   だいたい16粒(40グラム)~20粒(50グラム)くらいが目安なので、7回から10回くらい使えます。   1回あたりの単価は購入店により異なりますが、(900円~1600円くらい)だいたい1300円前後くらいでしょうか。   とすると10回だとして130円くらいです。   1日の疲れを癒し、香りも楽しめて、からだメンテナンスもできると考えれば高くはないですね。   少なくともお湯とガス代入れても銭湯やスパに行くより格安です。   セールなどでまとめ買いするといいかもしれません。   最近は新しいのも出たようですね。   2016年秋の新商品で、スマートモデルとなっています。 ジンジャー末(有効成分)・温泉ミネラル(有効成分:硫酸ナトリウム)を配合した、「プレミアムEX処方」ということで、発汗やネーミングからも美容も意識した商品っぽいですね。   今度使ってみます。   もうひとつはこちら。   重炭酸ホットタブ ホットタブシリーズもラインナップが増えてアスリートタイプも出たようです。   こちらもタブレットになっていて、子どもの頃、小学校のプールに投げ込んだ塩素のタブレットみたいな感じです。(笑)   薬用ホットタブもあるので腰痛や肩こりの方はこちらもおすすめです。   ただ普通のドラッグストアとかではあまり置いてません。   通販がほとんどですかね。   使い分けとしては普段はファインヒートを使用して、スポーツの大会や試合の前後はこちらのホットタブを使用する、なんて使いかたが理想のような気がします。   入浴中にストレッチも兼ねるとより効果的ですよ。   これで二つの商品を紹介しましたが、どちらも自分は温まりましたよ。   これからの季節、肩こり、腰痛、冷えはもちろん、スポーツの大会や試合の前後に使われてみてはいかがでしょうか?    ...

最近、中1の長女の反抗期が酷くて困っています。   昨夜は家内とケンカしたらしく、家内は爪で腕をひっかかれ、右の胸部を蹴られたそうです。   家内は130cmちょいの身長で、すでに長女に追い越されています。   よく食べるし、部活も頑張っているので体力も相当。   余りにも痛がるのでチェックしてみると、肋骨骨折の疑いが。   娘に蹴られて肋骨骨折って、すごいな。   で、先日も1名男性が肋骨の痛みで来院したので、併せて肋骨骨折のおはなしを。   彼は普段は生協のドライバーで、休日は草野球を楽しんでいるのですが、野球のあとに左の肋骨部に鋭い痛みが出たそうです。   あまりの痛さに当日の予約をキャンセルしようと電話をくれたのですが、むしろ治療した方がいいことを伝えるとそのまま来院してくれました。   病院に行くつもりだったよううですが、まず受傷直後はレントゲン撮ってもハッキリとした骨折線が出ないことが多いということを伝え、検査をしました。   自分でも簡単にできるのは咳払いやくしゃみで鋭い痛みがあるか、ないかのチェック。 あとは胸郭を押してみて介達痛や患部の叩打痛があるかないかで判断します。   寝返りや体を捻る動作でも激痛だったりします。   後日、整形外科を受診して、ドクターから同じ説明を受けたそうです。 肋骨骨折と診断され、痛み止めを出されたそうです。 では、気になる原因は?   今回の家内のように直接蹴られて折れるケースと、疲労性の骨折といって、繰り返し同じ部位に負荷がかかることで折れてしまうケースがあります。   彼の場合、バットのフルスイングでいってしまったようです。 仕事の際、トラックの乗り降りがつらいそうです。   ゴルフスイング時や、マラソンランナーやにもよく起こります。 折れるといっても「ボキ!」っという感じではなく、いわゆるヒビのような状況です。   ヒビも骨折ですからね。   約2週間は痛みが強いです。   整形外科では痛み止めの飲み薬と湿布が処方されたようですが、肋骨骨折の場合の治療は他にないのでしょうか?   いえいえ、結構ありますよ。   やるとやらないのでは治りが全然違います。   まず、呼吸時に肋骨にある肋間筋が動くたびに痛みが出るので、バストバンドという固定帯で胸郭を軽く圧迫するだけで、痛みが多少和らぎます。 胸郭が過度に膨らむのを抑えるので、呼吸は少々苦しいですが。   腰痛用の幅広のバンドでも応急に使えなくはないです。   そして、ただバンドをするだけでなく、湿布の代わりにクール&フィットのイエロータイプを患部にスプレーします。 痛みに対してかなり鎮痛作用があります。   ハーブが主成分なので、安全性も高く湿布のようなかぶれを起こしにくいです。   スプレー後、微弱電流を患部に流します。   フィジオナノなら首からぶら下げて、入浴以外はつけっぱなしで結構です。 長くかけた方が効果が高いのがこの微弱電流です。   寝てる間もこれで治療できます。   セルフケアだけでも 1.クール&フィットを患部にスプレー 2.微弱電流を患部に通電する 3.バストバンドを巻いて固定する の3つで痛みの抑制、治癒の促進が全然異なりますよ。   では当院の治療は? 1.患部に炭酸ミストでクール&フィットをスプレー 2.胸郭を挟んで超短波   3.患部周りにラジオ波 4.患部に超音波3Mhz 5.胸郭まわりのカッピング といった具合です。 特に骨折の場合は超音波治療が骨の癒合に効果が高いので、絶対です。 肋骨部は皮下脂肪や筋肉層が薄いので、皮下2~3センチで有効照射できる3Mhzが理想です。 ラジオ波を使用するとキネシオテープが着きづらいのでバストバンドで固定して終了です。 ちょうど2週間でトラックの運転も辛くなくなったそうです。   自宅には1Mhzの超音波があるので、今夜は家内の肋骨の治療で超音波を使います。 そのあとフィジオナノで微弱電流で就寝してもらいます。   バストバンド、クール&フィット、微弱電流フィジオナノは当院でも取り扱っております。   肋骨骨折でお困りなら杉並区阿佐谷の延寿堂まで。    ...

11月に入り、段々と気温も下がってきました。   血流、大丈夫ですか?   冷えや体温でお困りなら、温熱療法が得意な延寿堂にお任せを。   これからマラソンシーズン突入ですね。   うちの中学生組も今日は学校のマラソン大会で立川に行っています。   ちゃんとお弁当のおにぎりも作ってあげました。   現地でのアップを手短に済ませられるよう、長男にクール&フィットをすすめたのですが、頑なに拒否されました。(笑) もっとも先月陸上部を引退するまで毎日走っていましたし、自分よりも遥かに若いので、こういったモノに頼る必要性を感じないのでしょうね。   スポーツの救護でも種目が違えば、どんなケガやトラブルが多いのか、どんなモノを用意すべきかが異なりますね。   過去に柔道の救護に行っていたときは捻挫や脱臼などが多かったし、空手だと打撲や脳震盪が多かったです。   東京マラソンのボディケアブースや中学生の駅伝大会などでは、当日のケガというより、オーバーユースによるトラブルが多かったです。 すでに症状が出ている状態で走っている方が非常に多いですね。   で、一番問題なのは本人たちがそれを「ケガ」「治療が必用な状態」ということに気付いていないことだと思います。   本当に歩けなくなったり、痛みが酷くなって始めて治療の必要性を感じるようです。   それまでの間は、湿布を乱用したり、冷やし過ぎるといった傾向が強いですね。   これでは絶対に良くはならないです。   ですので、治療に通わずセルフメンテナンスしたい方向けのアイテムをいくつかご紹介いたします。   まず、湿布の乱用と間違ったアイシングをやめましょう。   湿布=「アイシング」または「冷やす」と思い込んでる方が非常に多いですが、あくまでも消炎鎮痛剤です。   冷やすのが目的であれば氷嚢がベストです。 クライオパックや冷却スプレーなどはやりすぎると凍傷の原因にもなります。   氷は一度水にくぐらせると溶けはじめますので0℃以下にはならずに、凍傷を起こしにくくなります。   また似てるようですが、湿布とアイシングシートも異なります。   アイシングシートは水分の含有量が多く、ケガをした時、患部が熱を出しますのでそれを抑える効果があります。 いわゆる熱さまシートですね。   これは氷嚢がないときの携帯用応急処置として有効です。   湿布についてですが、温感湿布なんてのがあるから余計に紛らわしくなるんですね。   箱に「冷感」「温感」と書いてあるように「冷感」タイプはメントール系の成分が含まれているので、貼った瞬間ヒヤッとします。   温感タイプは唐辛子エキスなどカッカする成分が含まれるため、温かい感覚が出ます。   でも実際に患部を冷やしたり温めたりする効果はあまり期待しないほうがいいでしょう。   また乱用することでの副作用も一度ご自身でググってみることをおすすめいたします。   ですので、   アイシングシートはケガの直後や熱感のある時に貼る応急処置用冷却シート。   乾燥してひんやり感がなくなったら外しましょう。   湿布は「痛み」に対しての消炎鎮痛で、慢性の場合には冷感湿布をお尻や太ももの下に数十秒敷いて、人肌位に温まってから貼るとヒヤッとしません。   湿布もせいぜい数時間で外したほうがかぶれ予防になります。   自分はアイシングシートは使用しますが、湿布はかぶれが出る場合もあるので使用しません。   代わりにこちらを使用し、おすすめしています。 おすすめする理由は ハーブが主成分なので ・安全性が高い ・香りが爽やか ・スプレ―式なので貼る手間がなくかぶれにくい ・べたつかない などといっ理由です。 もちろん効果が高く、即効性があるのが一番の理由ですが。   日本では珍しく、ウォーミングアップ用とクールダウン用の2種類があり、スポーツ前後で使えます。   個人的な経験から言うと、「痛み」や「かゆみ」には断然クールダウンタイプがおすすめです。   10分から15分程度で効果を感じられます。   ヒヤッとするメントール感を抑えたのがウォームアップ用のスポーツタイプです。   こちらはマルチで、急性・慢性どちらに使っていただいてもベターです。   ただ現在輸入代理店がないため入手困難な状態です。   意外とクラブ活動している子供たちに人気があります。   あまり大人のような先入観がないからなのかもしれません。   最近強く思うのは治療でもなんでも、固定概念や先入観が強いので素直に受け入れられないのかなって。   痛みも長く患っていると脳が「痛い」って刷り込まれて、10あった痛みが2~3くらいまで下がっても一生懸命痛いところを探す行為を続けたり、まだ痛いという言葉を発します。   なので治療師は施術前と施術後のビフォーアフター(違い)をしっかりと見せていく必要性がどんどん高くなりますね。 はなしがそれましたが、アイシングについて。   アイシングの効果は ・炎症や筋疲労による熱を抑える ・皮下出血などによる腫れを抑制する ・痛みを抑えるなどです。   冷やすことで血管が収縮し、皮下出血を抑え、2次的な細胞の破壊を抑制し、痛みを和らげます。   ただしこれを続けるとケガの治癒は長引きます。   当然ながら壊れた組織を修復するのは血液運搬によるもので、新鮮な酸素を送り込み、老廃物を除去する活動を促進する必要があるので、アイシングをするればするほど、血管が収縮し血流が悪くなります。   そういう意味では喫煙もニコチンの作用で血圧を上昇させ、血管を収縮させるので治癒が遅れます。   ですので、いかに早くアイシング状態から温熱療法に切り替えていくかが、早く治す重要なポイントとなります。   しかし、スポーツの世界でも一般的な急性期の痛みでもすぐに「冷やす」という感覚が抜けないですね。   日本には昔から「湯治」という文化もあり、温泉に浸かったり、リラクゼーションとして利用される方は多いですよね。 玉川温泉なんかも病気の療養などで人気のスポットです。   身体を温めることが体温を上げ、血流をよくすることも知っているのですが、当院のご利用者はお風呂に浸かる方が非常に少ないです。   帰宅しても単純にシャワーで汚れを落とすだけ。   ネットを見て来る方が多い当院では、来院される方の傾向があり、若い方が多く、デスクワーク中心という仕事が症状に直結したケースがほとんどです。   独身者が多いのもひとつの理由で、追い炊き機能がないバスタブ、溜めるのに時間がかかる、不経済という理由もあるようです。   ずっと同じ姿勢なので血流が悪くなり、足がむくんだり、腰がつらくなったり、肩が凝ったり、目が疲労したりしています。 もう良姿勢なんて関係ないです。   いくら良い姿勢でも同じ姿勢をとり続ければ、結果的に血流が悪くなります。   ですので、お風呂に入るメリットをできるだけ伝えるようにしています。 ギックリ腰でもお風呂で温めたら楽になるケースがほとんどです。   温熱作用で血流が良くなり、筋肉の緊張もほぐれて、動きが楽になります。   痛みも若干和らぎます。   実際ギックリ腰になると、全身の筋肉に緊張が伝わり、患部以外の筋疲労も起こります。   そういう点で入浴して身体を温めた方が、患部以外の余計な緊張も解けるのでおすすめです。   温めて逆につらくなった場合だけ、アイシングをしてみてください。   基本アイシングは ・あきらかな皮下出血がある ・ケガの直後 ・熱感がある という場合に限定して行ってみてください。   長くなりそうなので、今日はこのくらいに。    ...

  最近、新規来院はなぜかカッピング希望ばかりになってしまった。   確かに吸い玉歴も長く、吸い玉療法のセラピストとしてもトップクラスだと思ってはいるが、吸い玉専門というわけではない。   あくまでも自分の中では補助療法というか、手段のひとつでしかない。   もし電気が使えない、誰にでも安心して、しかも短時間で効果を出せる方法となればこの「吸い玉療法」が最も優れていると思う。   自分の中ではそんな位置付け。   でも世の中ではまだまだ認知度が低い。   自分の人生振り返ってみても、自分が取り組みものすべて、どうもそういう傾向が強いようだ。   最近ではセパタクローにハマってるくらいだから。(笑)     それにしても、今まで来ていた腰痛やらギックリ腰やら寝違えなどの症状では検索されなくなったのか。   いつもSEOやってて疑問に思うことがたくさんある。   で、今日来た新規の女性はネットでの予約。   そうそう、ホームページのからのネット予約申し込みも増えている。   今まで理由があってやらなかったのだが、やはりニーズは多いようなので、ホームページがある場合はネット予約を設けた方がいい。   そもそもホームページがないのは致命的だとしか言いようがないのだが。   口コミだけで来院されるのは理想だけど、この先ずっと同じ状態が続くような業界ではなさそうなので、常に色々な可能性を考慮しておくべきだと思う。   そして今日の新規の女性もまたハーフの方。   も、というのはこのところハーフの女性の来院が続いたから。   そしてたまたま偏頭痛に悩んでるケースが重なった。 女性でハーフの方でカッピング希望が続いたのと、偏頭痛って何か関連あるのかな?ってちょっと気になる。   週1~2回、整体やカイロプラクティック、整骨院に通っていたそうですが症状が改善されず、思いきって新しいところに変えてみようと、うちを選んだようです。   ホームページからの問い合わせで「カッピング希望ですが、症状に効果的なものを相談させてください」とあったので、現在の症状にあった施術方針を説明して治療開始。   頭痛も色々ありますが、緊張性の頭痛なのか偏頭痛なのかでアプローチが変わるので、その辺もしっかりカウンセリング。   肩こりや単純な疲労からくるような類の頭痛であれば、当院でのアプローチ手段はいくらでもある。   偏頭痛となると、温熱が逆効果になるケースが」あるのでちょっと難しい。   偏頭痛のケースでは温熱が直接入らないカッピングや、非温熱モードの超音波、ハイボルトなどを使っています。   とはいえ、他の症状では血流を良くしてあげることも必要なので、様子を見ながら身体には温熱療法もプラスします。   職業がアニメーターということもあり、筋疲労を解消するところから治療をスタートしました。   今回もそれで正解だったようです。   頭痛、肩こり、首の痛み、腰痛、冷えなどが悩みでしたが、体温は36.7℃ありました。   仕事がアニメーターだそうで、ストレスが相当なようです。   自律神経の調整も必用そうでしたが、今日はカッピングと超音波コンビネーションで施術を行いました。   最初に前屈と後屈のテストをすると、思った通り前屈時はふくらはぎの緊張、後屈は痛みで全くダメな状態。   意外と前屈後屈テスト、重要です。   皆さん、「からだ固いんですよ」と言いますが、本人どの程度硬いのかわかってないのがほとんど。 特に後屈ができない女性が8割以上います。   男性に比べて腹筋と背筋の筋力が弱いのもありますが、ほぼデスクワーク中心の方が多いので、腸腰筋の影響や横隔膜などの影響が考えられます。   前屈は下腿の緊張と腰椎の可動性を上げてあげればかなりスムーズになります。   それ以前にストレッチングボードに90秒乗ってもらい、ほぼそのあとに床に指が届いて大さわぎするケースがほとんどですが。   今日の方もストレッチングボード後に床に余裕で手が届き喜んでました。   カッピングも経験者だったようですが、うちの温めながら、動きながらのカッピンッグに加え、ドンピシャのカッピング位置(ツボではない)、カップの数、足裏までのカッピングにも驚かれました。   カッピング終了後に一度確認をしてもらうのですが、「こんなに気持ちいいカッピング受けたの初めて」と感動されていました。   カッピングだけでも十分他との違いに満足されていますが、うちは更に追い打ちをかけます。(笑) 最後に「もっと変わるよ」と超音波コンビネーションを首~肩と腰~臀部に照射。   終わってすぐに「こんなにスッキリしたの久しぶりかも、頭が痛くない」と驚かれ、前屈も余裕、後屈も痛みが出なくなっていました。   皆さん、初めてづくしの体験で毎回同じリアクションなのですが、着替えの瞬間とかにその効果を実感されるようです。   まだまだ世間一般ではマッサージ、整体、カイロ、鍼、灸といった具合でさまよっているようですが、物理療法のすばらしさが浸透するのはもう少し先ですかね。   東京マラソンとかのブースで皆にデモンストレーションしてあげたいなといつも思います。 一気に認知度上がるの目に見えてるので。...

治療とはまったく関係のないはなし   先日の土曜日、家族で冷蔵庫を見に行ってきました。 今の自宅を建ててからずっと使い続けているので、もう20年くらいになりますかね。   でもまだ壊れてはいないんです。 子供たちが成長して、よく食べるようになったので、もう今の冷蔵庫だと小さいので、大きいのが必要だなというのと、今の冷蔵庫と昔のとでは、電気代も随分違うということもあり、買い替えることにしました。   高さはいいとして、幅と奥行きを確認して売り場へ。   最初に目に入った冷蔵庫は35万円以上。   店員に聞くと、新しいモデルで、容量が500ℓクラスだとこのくらいの値段だそうで。   現在使ってるのが20年以上前の商品と伝えると、「1年型落ちでも十分だと思います」ということで色々見せてもらった。   金額はたった1年の違いで約半額の15万円台。   全然こっちでいいよって感じです。   自分なんか勝手に氷ができるという機能だけでもワクワクしてるくらいだし。   色々と説明を聞いて商品を絞り込み決定。   さて、搬入の話しになったのだが、冷蔵庫を置くスペースだけの問題ではなく、搬入時に階段が通れるかどうかが一番の問題だった。 うっかりしていた、階段のスペースを測るの忘れてた。   階段がだめな場合、ベランダからクレーンでという形になるらしい。   うちの場合、ベランダの入り口の方が狭いので、クレーンはまず無理。   ちなみにクレーンの場合最低3万近く別料金が必要だそうで。   とりあえず、奥行きや幅は皆同じなので、大きいサイズの冷蔵庫をチョイスして、100円見積もりをお願いした。   帰宅してすぐにベランダの扉を測ると60センチ。   最低80センチは必要と言われたので、ベランダからの搬入は無理とわかり、クレーンは消えた。   そして階段。   ぴったり80センチ!   これでいけると確信。   今日見積もりに来て、1か所電球を外せばOKとのこと。   週我が家に新しい冷蔵庫が届く!   ちょっと楽しみ。    ...

当院では、開業時(平成15年)から普通の整骨院や病院で使うような平ベッド(マッサージベッド)ではなくカイロプラクティック専用のベッドを使用しています。   一般の人からすると何が違うのか?わかりませんよね。   例えば、僕の母は美容師でハサミがないと仕事になりません。   もちろん椅子も必要ですが。   なので、美容師さんの使うハサミは高額です。   カイロプラクティック専用のベッドは、そのものが治療機器になっています。   色々なタイプがありますが、僕の使用するベッドはどんな体位でも治療できるようにベッドが変形し、ドロップ機能がついていて、全身の矯正を上から押圧するだけで可能なタイプです。 ちなみに金額は90万くらいでした。   現在では値上がりし、100万以上だそうです。   なので、最近ではこの手のベッドを買う先生は非常に少なくなったそうです。 (現在売れるのは1台40~50万くらいのベッドだそうです。)   僕はこの手のアナログタイプが好きで、大事に使用しています。   ところが先日から、ヘッドピースの昇降機能がロッキングを起こし、仰向けもうつ伏せもつらいポジションになっていました。 購入当時のお付き合いで担当エリアが違うのですが、すぐに営業マンが来てくれました。   最悪ガスシリンダーの交換か?とも思ったのですが、問題はカムを引っ張るピンの動きが錆びついていたようで、そこに潤滑剤入れたらスムーズに動くようになりました。   去年が電動タイプのカイロベッドのガスシリンダー交換だったので、13年も経てばしょうがないかと思いましたが、簡単なメンテナンスでクリアできました。 そろそろ新しいベッドに買い替えましょうよと言われたけど、これが気に入ってるし生涯使い続けて、子どもが治療家になるならいずれ譲ってやろうと思っています。   当院でカッピングや他の物理療法など、受けていて快適なのはベッド(テーブル)そのものの良さもあるんですよ。 ギックリ腰のつらい姿勢もこのベッドなら負担なく治療できます。        ...

すっかり寒くなってきました。   寒くなると身体が冷えて血流が悪くなりますので、血行改善して「つらい」を予防しましょう。   さて、今月は交通事故による患者さんが2名立て続けに来院されています。   毎年のことですが、12月は最も交通事故が多発します。   ドライバーの方はご注意ください。   また、交通事故に遭われた場合、こちらを参考にしてみてください。   つらいむち打ち症状などの治療も、当院ですぐに対応可能です。   交通事故治療は自由診療ですので、自由診療に特化した当院で予約をして待たずに治療を受けることができます。   痛みを早く解消したい方は是非おまかせを。   交通事故治療の無料体験もやっています。   良かったらその場で転院も可能です。 https://kikuchi-seikotsu.com/wp2023/accident ...