交通事故治療で来院中の二家本さん。 撮影の合間を縫って通院されています。   こういったお仕事の方々(うちでは多いです)には自由診療に特化していて、尚且つ完全予約制なのは非常に都合がよろしいようです。   二家本さんは現在63歳。 寒さもあり、現場の足場の悪さなどが影響し、ギックリいきそうなほど腰が痛くなったそうです。   ラジオ波、USハイボル、カッピングとこなし、最後に強烈なEMSをかけた後起き上がってもらうと、「あ~、ずいぶん楽、でもまだ腰がなんか電気ついてるみたい」と。   そのあとEMSのはなしからシックスパッドの話しになり、実際につけてもらいました。 レオが仮面ライダーに変身。(笑) ちゃんとパンツは隠してもらいました。   「おお、これ凄いな!」と言ってましたが、だんだん腰がいたくなってきたというので、中止。   そう、腰が痛いときに腹直筋に刺激を入れると逆効果になるんです。   最後にフィジオアクティブのデモを首と肩にすると、  これは二家本さんではありません。イメージです。 「なんだこれ!すげー肩軽くなった!」と驚いていました。   でもいつも超音波とコンビネーションしてかけてるんですがね。(苦笑)   単独でハイボルトを入れるのと、超音波とコンビネーションするのでは刺激の入り方が違うので新鮮だったのかもしれません。   「これ現場に持っていけたら、スタントのとき助かりません?」と言ったら、「これいい!」と。 「でも50万ほどです。」と言ったら、「ちょっと買うには高いな~」と笑っていました。   そもそもこのフィジオアクティブHVは一般の人には販売できないですけどね。   治療終了後は松田優作さんとの話を色々伺いました。   は阿佐谷の北口(当院からすぐ近く)にくよくよハウスってお店がありましてん。   店主は探偵物語や仮面ライダー555にも出演していた山西道弘さん。   もうお店は変わっちゃいましたが、二家本さんも含め、深夜にしょっちゅう優作さんと遊びに来ていたそうです。   めちゃケンカが強く、チョーパン(ジーパンではありません)が得意だったそうです。   撮影に遅刻してくると180cmの大男が繰り出す必殺の拳骨パンチが飛んできたそうです。こえ~!   いやー、本当に二家本さんの話は楽しいです。      ...

フェイシャル用の超音波ピーリング。 以前にも使ったことがあるのですが、今回購入してフェイシャルケアに使用。 家内にちょうど偏頭痛があり、この超音波ピーリングの他に、RFサーマボーテ(ラジオ波)、フィジオアクティブの3つを試すと、なぜか超音波ピーリングが一番頭痛が落ち着きました。 一番ダメだったのがRFサーマボーテ(泣)でした。   やはり偏頭痛は温熱入れないほうがいいですね。   しかし、このピーリングにそんな効果があるなんて。   超音波の3Mhzとの差も検証してみないとですね。   フェイシャルに使う小道具たち 左からオリジナル炭酸ミスト、RFサーマボーテ、微弱&EMS、超音波ピーリング。 もちろんこれだけじゃないです。 ES-520やラジオスティム、カッピングパルサーも使いますよ~。 更にモデリングパックや蒸しタオルなんかもあります。 かなりレベル高いというか、豪華なフェイシャルになりますね~。 全部やると1時間以上かかります。 仰向けがきつくないようにお腹にホットパック入れたり、膝に枕入れたり、背中にヒートマット入れたりするのでつらいどころかすぐ寝ちゃいますね。 とりあえず、今のところはこのピーリングと炭酸ミスト、ラジオ波(ラジオスティム使用)とスライドカッピングに蒸しタオルのコースとなります。更にプラセンタ入りの美容酵素が1本ついて4500円(税別)です。 緊張性の頭痛、眼精疲労、顔の筋肉の疲労・こわばり、三叉神経痛、顎関節症などに有効なメディカルフェイスケア。 先日の体験会でも絶賛でした。 ご希望の方は、十分な効果をだすため、化粧は落としてから受けてくださいね!    ...

14日(日)ホリデイカッピング。 千葉から同期の先生が来院。 発売されたばかりのフィジオアクティブが気になったようです。 ハイボルのEMSも体験してもらいました。 伊藤超短波のES-520と比較したり、超音波コンビネーションと比較したりと色々実験してみました。 感じとしてES-520のほうがあたりが柔らかい感じがありましたが、小型でこれだけのパフォーマンスが発揮できれば文句なし。 スポーツ現場でトレーナー活動するには十分すぎるくらいです。 これに炭酸ミストとRFサーマボーテ(携帯ラジオ波)でほぼバッチリ。 サーマボーテは熱を出すのでどうしてもコードレスにできないのが残念。 デモ活動がやりやすくなりましたよ~。   午後はラジオ波と耳つぼとヘッドスパとほぐしの特訓をしました。 早くマスターして~!      ...

今日は偶然にも同じ症状の患者さんが2名来院したので、そのレポートを。 一人は主婦?アクションの後輩で先月ギックリで来院された田浦リオちゃんです。 ギックリの痛みはなくなったものの、腰を前屈する途中で痛みが左腰部に出るとのことでした。 最初に前屈と後屈のテストをすると、前屈時に左腰部に痛みが出て、曲げ切ると痛みが出ない。 後屈はかなりダメな感じ。(笑) そこで次に中殿筋の機能が低下していないかのチェック。 トレンデンブルグ兆候といって、片足立ちさせると機能していない中殿筋と反対側に腰のラインが下がってしまうという検査です。 やはり彼女の場合、左の中殿筋の機能低下がみられました。(画像では着替えの服の影響でわかりづらいです) 肩を押すと、もうグラグラ。 うつ伏せ時は足の長短もはっきり出ていました。(2センチくらい) 最初に仙腸関節にコンタクトして微調整したあと、痛みの出ている左の脊柱起立筋に超音波コンビネーションを入れ、さらに右の太ももと座骨の部分にも超音波コンビネーションを入れる。 それで前屈してもらうと、痛みは減るがやはり動かした瞬間に痛みが残る状況。 今度は横向きで中殿筋と腹横筋にEMSをかけながら、運動療法。 5分後もう1度前屈してもらうと、あら不思議!「痛くない!」 これで脳にも中殿筋にも刺激が入り、脊柱起立筋にかかる負荷が軽減されました。 あとは後屈の問題をクリアすれば治療終了。 仰向けで左の大腿部と腸腰筋、横隔膜、大胸筋、頚部に超音波コンビネーション。 で、楽々後屈もできるようになりました。 「今日吸い玉はしないんですか?」「なぜ?」子供に「今日も治療してくるから背中に赤い跡がつくかも」と。 最後にサービスでカッピング。 着替え終わって出てくると、「立ったまましっかり靴下履けました!」 そうなんです、機能改善してあげると安定し、姿勢も自然とよくなるんです。 ちなみに超音波コンビの時間は1か所60秒です。 EMSは5分間です。 彼女のあと、電話で2年ぶりの男性。 過去2回ギックリ腰で来院されています。 「腰が怪しい感じなの早めにメンテしようと思って」来たのだそうです。 いいことですね~。 彼も左の腰部に違和感があり前かがみになると痛みが出てくるという偶然にも同じ症状。 ビフォー      アフター さらに映像制作の仕事なのでデスクワークが多く、左の肋骨あたりが重くるしいそうです。 2年経つとどれだけうちが進化するのかを見せるチャンスです。 ので、2年前とは全く違うアプローチを。 検査は最初の彼女と同じです。 前屈はストレッチボードを90秒入れました。 中殿筋は同じく左がグラグラ。 もう最初から横向きでEMSを5分。 このとき悲鳴をあげていました。 終了後、前屈をしてもらうと「あれ?痛くない?なんで?」 これで終わっても十分お金いただけるのですが、ちゃんと120%以上の満足度を出すのに脊柱起立筋にも超音波コンビネーションを入れ、仰向けでお腹にラジオ波を入れました。 初のラジオ波に「これは温かくて気持いいですね。これでギックリ腰とかも治療できますか?」と聞かれ、「こないだほぼラジオ波でギックリ腰の治療したよ」と答えました。 終了後は左肋骨部奥の詰まった感じもとれて大満足していました。 健康診断もいっていないようなので、クリニックも紹介させていただきました。 腰が痛い➡やみくもにマッサージしたり、機械当てても効果は出ません。 多分同じような症状の方、相当いると思います。 13日の無料体験イベントにいらしてください。 「えっつ!」を体験できます。...

今日は珍しいお客さんが訪ねてきた。   江崎機械の営業マンで、開業当初からのお付き合い。   当院に出入りする業者はほぼ決まっており、一番最初に来たのがこの営業マン。   開業時は、ベッドの導入に一番お金をかけた。   15年前は今ほど物理療法に興味もなく、自分の腕(手技)が全てと思い込んでいた。   なので、一番大事なのは接骨院によくある平ベッドではなく、開業時からカイロベッドを使用した。   これは、もともと自分がカイロプラクター志望で、最初に務めた治療院がカイロプラクティックを使う整骨院だったため、院長にすすめられて柔道整復師の道に入った。   「カイロは俺がある程度教えてやる、この道で食っていくのなら国家資格をとれ」という院長の言葉で今の自分がある。   そういう意味で、最初の「出会い」はとても重要だった。   1台は、電動式のカイロベッドでオリジナルのエサキマークⅡ。(40万くらいだったかな?)   確かこれは発売されたばかりだった気がする。   開業当時の物理療法(補助療法)はほぼ吸い玉療法だったので、電動式は腰がつらくならなくて助かった。   もう1台はロイドのドロップテーブル。(90万くらいしたと思う)   どんな状態でも施術できるよう形が変形するため、ギックリ腰などの治療に大いに役立った。   開業時から自費治療を始めていたので「費用対効果」「耐久性」「メンテナンス」などを重要視して機材の導入をした。   その後、東京都柔道接骨師会の物理療法講習会で伊藤超短波のES-520と出会い、「ハイボルテージ治療」に衝撃を受け、約250万の投資をしたのがきっかけで以来、伊藤超短波さんはずっと所長が顔を出してくれている。   意外にも医工さんとはそのあとで繋がることになるのだが、吸い玉療法講習会に参加したのがきっかけで、前社長(現・相談役)と意気投合し急きょ講習会の臨時講師を依頼され、さらにカッピングパルサーの開発に係る運びとなった。   最近では酒井医療株式会社のフィジオさんやしまむら医療さんが新たにお付き合いが始まった。   なので、ほぼほぼうちには最新の情報と機械のデモが来る。   ありがたいことだ。   これをさらに活かすために「日本吸い玉協会」の会員の方たちに最新情報を発信していけたらと思う。   今日も絶対に聞けない裏話が聞けました。   ひとつ重要なことは、たった一つの手技や機械ですべてを賄えないので沢山のメーカーさんや商社の方に協力してもらっている。   なので、相手方の立場になって立ち居振る舞いをするということが肝心。   やはり「義理」と「人情」は大事。   協力いただいている業者の方々に失礼のないよう、末永くお付き合いしたいと思う。   それにしてもよく機械買い続けたな~。   おととし300万。   昨年200万。   今年は・・・回収させていただきます!(笑)   投資しない年はほぼなかった。   多分、余裕でもう1軒家建てられただろうな。...

今日の新患さんは、またまた吸い玉希望の女性。 某有名エステに勤務するエステティシャンです。   今後開業する予定で、吸い玉を取り入れたくてうちに勉強のつもりで来たそうです。 このところエステティシャンの来院率がめちゃ高くなってきました。   ほぼトークは講習会モードになりつつも、色々とサービスしながら吸い玉療法を体験してもらいました。   毎回同じことを書きますが、まず最初に2種類の温熱を入れてびっくり、炭酸ミスとにびっくり、足裏にカッピングしてびっくり、ウェーブ入れてびっくり、この状態でヘッドスパもできますよでびっくり、今日は手の部分にハンドウォーマーまでサービス。   施術中は背中にマイクロ波も当てて、ずっと温かく、「全然痛くない」と不思議そうでした。   温熱が入ると血行が促進されるのと副交感神経の働きでリラックスしますので、筋緊張が緩和されやすく、赤い斑も残りにくいんです。   また医工さんのカッピングの口の形状のあたりがよく、痛みを感じにくいのも事実です。   最後は超音波コンビネーションも体験してもらい、「あら不思議!」   次回はデコルテにも入れてほしいとのことでした。  ...